【抗糖化】アンチエイジング効果が実感できなかった原因

iStock-75403734.jpg
最近、アンチエイジング業界で『抗糖化』が話題になっていますよね。

まだあまり聞いたことはないかもしれませんが、老化の三大原因の1つが『糖化』と言われる現象なのです!

酸化や炎症のケアはしていても、糖化のケア=抗糖化ができていないと、老化はどんどん進んでいってしまうようです…。

抗糖化とは?

iStock-804177690 (4).jpg
「そもそも抗糖化って何?」って思っている人が多いと思うので、簡単に説明すると・・・

糖質を摂取しすぎると、エネルギーにならず余ってしまいます。

その余分な糖質が体内にあるタンパク質と結びつき、老化物質である”AGEs(エージーイーエス)”に変性してしまうのです。

AGEsが溜まると、シミ・シワ・たるみ・くすみで悩まされることに・・・

糖化を防ぐ=抗糖化のためには、生活習慣を見直す必要があります。

今回は、食生活・運動・お茶の3つの面から詳しくご紹介します♪

抗糖化ライフ①食生活の改善

仕事や家事、育児で忙しいと、食生活に気を遣うことも減ってきますよね。

でも、抗糖化のためにできることはたくさんあります!

すぐに実践できる3つをご紹介します。

野菜から食べる

iStock-882314812.jpg
まず、食事は野菜類から食べるようにしましょう。

ダイエット的にも、野菜から食べるほうが良いと言われていますが、アンチエイジングにも効果的なんです!

野菜に含まれる食物繊維などが糖の吸収をゆっくりにしてくれるため、血糖値が急上昇することがありません。

毎食意識すると、数日で習慣化されるようになりますよ♪

主食は茶色いものを選ぶ

iStock-517895761 (1).jpg
茶色いものというのは、白米は玄米、小麦粉は全粒粉に変えるということ。

ちなみに、白米と玄米の大きな違いは、栄養素と食感。

白米と比べて玄米は、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているんです!

また、玄米は硬めなので、よく噛んで食べるようになりますよね。

早食いや大食い防止にもなるので、抗糖化には最適です。

揚げる・焼く⇒茹でる・蒸す

iStock-839223150 (4).jpg
調理法によっても、AGEsの量は変わります。

コゲが多いほどAGEsが多いとイメージすると分かりやすいでしょう。

揚げる⇒焼く⇒炒める⇒煮る⇒茹でる・蒸す⇒生、の順にAGEsは減っていきます。

調理に使う油の量も違うので、健康や美容どちらにも良いですね!

抗糖化ライフ②日々の運動

「毎日運動はしたいけど、いつやろう…」と考えてしまい、なかなか実行に移せない方もいると思います。

おすすめは食後1時間以内です!

もちろん食後は激しい運動NGですが、血糖値が上がるタイミングで運動をすることで、血糖値の上昇を抑えることができるのです。

おすすめの運動方法を3つお伝えします。

軽いウォーキング

iStock-701263280 (8).jpg
ランチ後におすすめなのが、ウォーキングです。

休憩時間の10分だけ歩き回るようにするだけ!

外食の方は、少し遠くのお店に食べにいくのも、1つの手です。

ソファでゆっくりするのも大切な時間ではありますが、食後の10分だけ将来のための時間にしてみてはいかがでしょうか?

ストレッチ

iStock-935282112 (4).jpg
「夜は外に出るのが怖い…」「家に帰ったらウォーキングのために外に出るのは面倒くさい…」という方も多いと思います。

そんなときは全身ストレッチをしましょう!

なんとなくストレッチをするのではなく、全身を意識しながらストレッチをすることで、それだけでも抗糖化になります。

ヨガ

iStock-619980672.jpg
朝・夜におすすめなのが、ヨガです。

心身ともにリラックスすることができるので、数種類だけでもポーズを覚えてみるといいでしょう!

1人で続かない場合は、ヨガ専用ジムなどに通ってもいいですね。

抗糖化ライフ③お茶を飲む

抗糖化をするにあたって、お茶を飲むことはとても良いと言われています♪

おすすめのお茶を3つ紹介するので、ぜひ今日から飲んでみてくださいね!

ルイボスティー

iStock-478180576 (2).jpg
ここ数年で定番化してきたルイボスティー。

ルイボスティーには、抗酸化作用も抗糖化作用もあると言われています!

三大老化の原因である2つを対策できるので、出来る限り毎日飲むようにしたいですね。

カモミールティー

iStock-883806106 (2).jpg
ハーブティーの中でも比較的多くの人に飲まれているカモミールティー。

カモミールティーにはポリフェノールの一種であるカマメロサイドが配合されています。

このカマメロサイドに抗糖化作用があるのです!

カモミールにはいくつか種類がありますが、飲みやすいのはローマンカモミールです。

甜茶(てんちゃ)

iStock-896259332 (1).jpg
コンビニなどで見掛けることはあまりないので、まだまだ知らない方も多いかと思いますが、甜茶はお茶の中でも、抗糖化作用が強いと言われています!

独特の甘味があるので、味が好きな方はぜひ飲み続けてみてはいかがでしょうか?

抗糖化で若々しいあなたへ

iStock-485792516.jpg
今回初めて抗糖化について知った方も多いと思います。

スキンケアだけで、アンチエイジングは難しいということと、生活習慣を見直すことで、抗糖化を防ぐことができるということを覚えておきましょう。

ぜひ今日から実践してみてくださいね!

この記事へのコメント