エイジングケアは何歳から始めるべき?

iStock-809831576.jpg

女性が歳を重ねると気にする「エイジングケア」。

気にするものの『エイジングケアは何歳から始めればいいの?』という声をよく聞きます。

何歳からエイジングケアに気を遣った方が良いのか、潤いある若々しい肌を作り上げるための方法をご紹介していきます。

エイジングケアが必要なのは何歳から?

抗糖化

個人差はありますが、30代後半頃からは加齢による肌の変化を感じ始める方が増えてきます。

エイジングケアは、いつからではなく、早めに始めた方がいいんです。

皮膚にはターンオーバーという働きがあります。

新陳代謝により肌表面は新しい皮膚に生まれ変わるようになっています。

しかし、実際には肌は、紫外線や肌ストレスといった刺激を受けています。

また、決して年齢が若いからといって綺麗な肌を保てているとは限りません。

そのため、肌の悩みを抱える年齢層は、低年齢化していっています。

潤いある肌を保つためにも、エイジングケアに影響するポイントを意識しましょう。

美肌のためのエイジングケア

iStock-512142260 (4).jpg

エイジングケアとして、生活に取り入れられているものは多くあります。

エイジングケア用の基礎化粧品や食生活をサポートするサプリメントなど。

エイジングケアに効果的とされるは要素を抱えた商品は、多岐にわたって取り入れる事が出来ます。

ただし、肌にダメージを与える日焼けや、女性の痩せて美しくなりたいというダイエットやカロリーコントロールは、潤いある肌から遠ざかる結果になってしまいます。

女性ホルモンや脂肪が減少することで、乾燥肌・むくみ・くすみ・たるみといった肌に影響する原因にもなります。

また、肌質が悪くなると、冷え性などにもなりやすく血行・血流もにも悪い影響を与えてしまうでしょう。

そのため、外出時はUVクリームで肌を守ることや、健康的な食事などの生活習慣の改善も重要なポイント。

肌を健康的にするためには、睡眠不足やストレスはお肌の大敵です。

ターンオーバーを底上げする、基礎代謝を上げる運動も取り入れると効果的です。

エイジングケアを始めよう

iStock-485792516.jpg

栄養素や飲み物に気を配ることで、化粧品やサプリだけに頼らないエイジングケアをすることができると言われています。

30代後半ともなると、値段の高い化粧品や、口コミランキングで人気のサプリだけで変化を求める人が多くなりますが、食べ物や飲み物も気にしてバランスよく摂取するようにしましょう。

その上で、エイジングケア用基礎化粧品やサプリなども正しく使えば、潤いある老化を抑える肌質に近づくと言えるでしょう。

この記事へのコメント